チャンスロス

先日、コピーライティングのセミナーを受けました。
前からコピーや言葉については興味があり
自分のモヤモヤしている気持ちをうまく表現する方法を
知りたかったのです。
そのセミナーの冒頭ではいきなり
という話を聞かされました。

マーケティング用語なのですが
何かを選んだ瞬間に選ばれなかったものをは
選択された瞬間に失われるということ。

日常皆さんは常にこの選択の連続であり
また何かを選んだ瞬間に何かを捨てています。

「本当ならば平日のこの時間は仕事で忙しい時に
このセミナーを今日は選択され参加されたわけですが、
仕事をしていたら、本来ですと売り上げを上げることが
できた時間です。その時間を捨てて、このセミナーを
選んでもらったからにはこのセミナーを選択してよかった!と
思って帰ってもらいたいです」と言われました。

そうです。
私はすでに何かを得る選択をして
何かを失ってここにきていたのです。

そう思うと失った時間の尊さ以上に
今、それ以上の成果と効果を出そうと
スイッチがパチン!と入りました。

日々、人は今日も何かを経て、何かを失います。
その選択はどういう効果をもたらし
また捨ててしまった事以上に得られることは何でしょうか?

「もしもAを選んだなら・・・」
「もしもBを選んだなら・・・・」

パンダ
どちらが正解というのはありません。
ただ今日もひたすらに何かをすてて何かを得る連続を
繰り返しているのだとすると
考えている時間より選択の回数を上げた方が
精度があがるというのが私の考えです。

「今の自分にとって都合のいいものを選ぶことよりも
未来の自分にとって最適なものを選びたい」

さて、今日も何を選び・何を捨てようかな~。

有限会社GREEN PLUS

Logo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)