【Book】最高の休息法

今年も本は最低でも1か月1冊は読むという
目標を掲げてます西 奈緒美です。

みなさん、こんにちは!

お正月ムードも削げ落ちて
ボチボチ通常業務にエンジンがかかってきている
感じの1月中旬。
しかし疲れやすくてイマイチ波に乗り切れない
自分がいたりして・・・。

本屋さんで見つけてビビッ!と買い。

今年2017年の1冊目は
今話題の「マインドフルネス」(瞑想)に
ついての本を読みました。
「最高の休息」という本を読みました。

マインドフルネス(瞑想)は
東洋の坐禅を元に
宗教色を取り除き、効果の部分に着目し
西洋などに伝わったようです。
最近はアメリカでも大企業や
教育(学校)などでも取り入れられ
また医療などでもかなりの成果をあげている
このマインドフルネス。

ストレスフルな社会生活の中で
不調などは実は体がつかれているのではなく
脳が疲れていることに気付かず
ただ寝るだけ、ただ仕事をしない日が
休息と勘違いしている人が多く
脳のケア、同時に心のケアをすることで
”整える” 手法を身に着けると
怒りやイライラをコントロールできるようになり
感情をコントロールすることで
快眠がとれるようになり
体の不調だけでなく
周りの人間関係も改善し
それにともない組織が潤滑に活性化していく
二重にも三重にも効果がでることが
紹介されてまして
物語仕立てで非常に読みやすく
最後は私は涙してしまう展開になるという
究極の癒しをいただきました。

昨日もテレビでマインドフルネスが紹介されてましたが
自律神経を安定させることで
快眠、快食、そしてそれにともないダイエットにもつながり
心が整うと体が整うということを
精神科のクリニックで実践されておられる先生が
マインドフルネスを紹介されてました。
瞑想でダイエット?!
瞑想で組織の活性化?!

「?」と思った方
一度、この本を読んでみてください。
貴方の慢性的な疲れは
実は脳のDMN(デフォルトモードネットワーク)と呼ばれる
何も体を動かしてなくても、脳が動き続けている
脳の雑音、ノイズが消耗している可能性がありますよ。

ちょっと疲れが取れないと思った方
貴方の休息は間違えていませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)