牛乳パックにもプラスチックは使われています

こんにちは!
生活の中のプラスチックを楽しく・分かりやすく効果や価値を伝える
プラスチックスマイスター(通称:プラマスター)西です。

2017年1月22日
風邪気味な体をおしまして・・・
最終日のデザインの解剖展 
六本木21_21 DESIGN SIGHTに
駆け込むで見にいきました。

率直な感想として見に行ってとても勉強になりました。
モノづくりをデザインという視点から掘り下げていく
見え方は、細部へのこだわりが随所にかんじられ
企業がどんな思いでこの商品を生み出したのか
その考えやプロセスまでもが
感じられる展示会でした。

身近になるロングセラー商品で
1つここでご紹介させていただきます。
「おいしい牛乳」なのですが
こちらのパッケージがとても
興味深かったのでご紹介たいします。

皆さん、あのパッケージは「紙」だと思っていませんか?
古新聞などにパックなら平たくして
紙として出してみたりして・・・
実はあの紙パックと呼ばれるものですが
プラスチックも使われています。

よく考えてみたら当然なのですが
紙だと当然、水を含むと破れてしまいまよね。
紙にうっすらとプラスチックのPE(ポリエチレン)
コーティングされています。

そして私も知りませんでしたが
ポリエチレンの層の間に紙に層をいれると
5層になっている!!ということ。
(3層だと思っていたのですが・・・)

説明のト書きにもあったのですが
紙がペットボトルに比べて遮光性が高いことが
あげられる。紙は針葉樹と広葉樹を使い
強度と表面の滑らかさをだすために
このような構造にしているんだそうです。

運ばれるコンテナもプラスチック製

ブリックパックも外装をきっちりとシュリンクフィルム固定
軽量化をはかった梱包。

配達用などは瓶のタイプおありますが包装やキャップはやはりプラスチックが使用
されていますね。ですがやはり環境の部分を考えると使い捨てがいいのですが
配達の場合は配達員が空瓶を持ち帰れるという配達と収集がルートとしてあるので
この形もいまだに残っているんでしょうね。

軽量化はプラスチックの得意命題です。

おわり

 

「面白くプラスチックの素材を伝える文系・高卒女子!」
その活動の一環として
Pla・Cafe@日本橋のコンサルティングをスタート!!
必要な時に、必要な旬な情報を!!プチスポットコンサル。

日本橋

プラスチックスマイスター®とは・・・
プラスチックスマイスター®と称し、長年培った知識&経験値を活かして
会社の現場でまた消費者に向けて、または社会に、そして次世代へ素材の
ポテンシャルや価値や機能について教授や発信をしていきプラスチック業界の
発展のために汗を流していくプラスチックの伝道師のプロ
プラスチックスマイスター®として称し
日本で・世界で活躍をいただく方々のことをいいます。

プラスチックスマイスター® 
は日本プラスチックスマイスター協会、
もしくは認定機関に登録をしていただいた個人をいいます。
原則的には個人での登録になりますが、法人登録も可能です。
詳しくは日本プラスチックスマイスター協会のサイトページをご覧ください。

プラスチックスマイスター協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)