不景気でも白人でも黒人でも男も女も地球の裏側でもプラスチックは使う

プラスチック関連企業から発生する
プラスチックの屑や長期在庫品などを
有効活用するために原料として買取、
新たな商品としてもう一度世に送り出す
有限会社GREENPLUSの西です。

プラスチックのリサイクルの是非や
プラスチックそのものの在り方とか
色々考えることがあったので
現時点での考え方をまとめておこうと思う。

1,プラスチックのこれから
これからはさまざまな新しい分野で
活躍していく傾向は止まらないと思う。
(軽くて、熱伝導、伝導性、透明度などの高機能)
そして新素材と、その商品が廃棄されて
残るものへの環境負荷これは
どこまでも横たわる問題になってくる。

2、プラスチックはなくなるのか?
恐らくこれからもなくなりはしないと思う。
有限資源となっているが
それを大事に使う方法が開発されてきて
プラスチックよりもはるかに消費している
ガソリン、軽油・重油・灯油なども使われ方が変わり
資源の在り方がかわってくると感じる。

3、プラスチックのリサイクルは必要か
最近はリサイクルしなくてもいい!という
考え方もある。私自身は食品などの
ラミネート(複合・多層)されている
フィルム系は燃やした方がいいと考えている。
(軽すぎることと、分別が困難なため)
しかし、純粋な素材で硬質系など
出来る限りリサイクルしていった方がいいと感じる。
それはそういう文化があるから
無駄づかいがなくなり、町をきれいにするという
マナーも保たれるように感じていることと
日本は島国だから
「今あるものを、上手に再利用する」という
考え方は日本人の美徳だし、
「もったいない」という知恵を出せる民度だと思うから。
しかし過剰な分別システムなどは
プラスチックの世に出ている種類を考えると
企業への負担、環境負荷も大きいと感じる。


これは今の段階での考え。
だけど・・・変わってないなぁ~と思う。

不景気でも白人でも黒人でも男も女も
地球の裏側でもプラスチックは使う!
私が寝てても誰かが使って消費して
Happyな生活をささえている素材!

まだまだ進化するんだろうなぁ~。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)