すきまを作るということ ~鎌倉行ってきました~

こんにちは!
今日は随分暖かいですね~。
そろそろ春の粉が舞い出しましたかね~。

さて、昨日は鎌倉へいっていたのですが
私、ここ最近は
年に2回以上は行くところになりました~。
カメラの練習ということもありますが
お寺や散策、ハイキングと四季を感じにいってるような
ところがあります。最近は観光客が少ないところが狙う!!
裏道が好きで、あまりに入り込むと出れなくなるという・・・
得意の散策ついでに積極的に迷子になるという
技を展開してます!(^皿^)


 
鎌倉に住んでいる人には2種類の人種がいると
前々から思っていて、もともと鎌倉が地元で済んでいる人と
都会から離れて住みだした人とがおられて
昔から住んでいる人は、やはり鎌倉の歴史から
人のつながりとかよ~く知ってて、
古いものやあるものを大事にしたい!という
思いが強いように感じます。


 
そして後から鎌倉に移り住んだ人は
都会につかれて、かと言って都会から離れすぎない
仕事があれば東京に出やすいロケーションに身を置きながら
都会にいて時間や仕事に追われるように仕事をして
自分を見失った人で、残りの人生これでいいのか?の問いに
「NO!」と答えた人たちが多いのか?!
移り住んで、自分の時間を取り戻すように
鎌倉でイキイキされてます。


 
都会にいては自分らしいというのはどこか犠牲になってしまう。
その原因って「余裕がない」「時間がない」ということ。
心にすきまがない!ということなのだと思います。
都会から程よい距離になることで、すごい回転で回っている
大なわとびのシステムから離れて、自分のペースでゆっくりと
人生の時間を刻むには、物理的距離なり、今あるものを
手放すことをしないとすきまは生まれない。
そのきっかけに環境を変えた人たち。
 
しかし不思議なのは隙間がうまれたにも関わらず
その隙間を今度は自分の好きなことに使い、埋めだしていく。
忙しい!っていっててもなんだかイキイキしているのが
鎌倉の人の私が持っているイメージです。
すきまを作る、するとこそに新しい風が入りこむ。
同じすきまがないでも都会の人のすきまとかちがう。

女もすきまに ”隙” を作るとモテるそうですよ!!
自分の中のすきまに人さまにも分かりやすいように 
”隙” をつくる。
これは女子力UPにもつながることかもしれません。

気持ちの余裕があると
顔つきも変わるということかもしれませんが・・・。


 
女子力・・・・
くぅ~女をさばるとただのバケモノ。
まだまだ人間にもなれてない私の行はつづきます・・・
さて月末処理をサッサッとやりきることから
始まる今週スタート。
1月ももうおわりですね!

おわり

 

西 奈緒美
Facebook: https://www.facebook.com/naomi.nishi1
お会いした方のお友達承認はお受けしますが
 面識のないかたからのリクエストはメッセージを
 先にお送りいただきますようよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)