どうでもいい話 「神の一言」

こんにちは!
「どうでもいい話」の作者:西 奈緒美です。
普段の何気ない人との会話などを切り取ったショートショートの物語。
今回は、お洒落なカフェにてで出くわした場面です。


お洒落なカフェで学生っぽいカップルがお茶していた。
彼女はブラウン系の肩まである髪がとてもきれいで顔の小さい
いわゆる美人さん。
男子の方は、スラッとした感じで眼鏡をかけたパッと見
良くしゃべる理系男子って感じだ。

男「今日もいい感じでかわいいね!髪きった?」
女「ありがとう!」
スマホをいじりながら気持ちのないありがとう。
男「そういうの言われ慣れてるでしょ~」
女「あんた言いたい人でしょ~(笑)」
男「まぁ~ね~。」と苦笑い
しばらく沈黙になる。
お互いにコーヒーカップを一口、二口と口を付けて
そして男が大きく息を吐いて、しゃべりだす。
男「気付いてるかもしんないけど俺にとってお前は
  神的にかわいいっ!っておもってるの知ってる?」
女「そーなの?」
男「もうやばいってくらい女神、神っす!」
女はスマホを触っている指をやっと止めて
男の顔をチラリとみてから、コーヒーカップを手に
一口コーヒーを飲む。そして・・・神は一言!
女「う〇こしたい!」といって席をたった。
男「おーい!!!おれの神っ!!!」

神も生理現象はあるのです!
彼のショックはトレイのように
水に流れそうにありません・・・たぶん(笑)

どうでもいい話でした。

西 奈緒美
Facebook: https://www.facebook.com/naomi.nishi1
お会いした方のお友達承認はお受けしますが
 面識のないかたからのリクエストはメッセージを
 先にお送りいただきますようよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)