どうでもいい話「肉をたべて見えてきたアメリカと彼女と彼との未来」

こんにちは!
「どうでもいい話」の作者:西 奈緒美です。
普段の何気ない人との会話などを切り取ったショートショートの物語。
今回は、ステーキ屋さんで出くわした場面です。


昨日、楽しく肉を食べてる横でカップルの話が
耳に入ってきた!

女は小柄だけど、気の強そうな30歳半ば。
男は年上で細身というか、頼りなさそうな
厚みのない、線の細い人。

え?!不倫?!

月曜の夕方に肉を食うなんて
不倫カップルいるか?!
なーんて妄想を膨らましながら
耳からはなにやら肉屋では聞きなれない会話!

女は「TPPはアメリカがいなくなって
むしろラッキーよ!日本はここがチャンス!」

とか、なんか難しい話を
えらいスピードでまくし立ててる。
男性はそんな女性の話を静かに黙って
頷きながら聞いている。

肉食べながら異国の政治話とは
なんとも色気のない話だ!

女は次第に一人でヒートアップしてきたのか
「ねぇ!貴方は何か意見や、やることはないの?」と詰め寄っている。

おいおい!
一般人相手に「何がやる事」って
無茶な質問だぜベイビー!!

男は「あっ、すみません!水ください!」と
店員に水のオーダー!!

その態度にイラッきたのか
「あたし、肉食べるわ!」と追加オーダー!
よく喋るし、よく喰う女だ。

次はいきなり原子力発電の話になる!
話は壮大だ!宇宙に原子力発電を作る計画が
彼女にはあるらしい!

「これならアメリカからの予算を出してもらって
できる話よね!」

話がぶっとすぎて、頭だけ宇宙に行ってます
彼女!!

男性はそんな女を別に嫌がるわけもなく
たまに相槌をうちながら、聞いたふりしてる。

「拷問やな…」私はつい声にでる。

私もそろそろ食べ終わり
あちらも終わりになるころ。

男が「これアメリカの肉だって」
女「あたしたち日本にいながら
トランプの思う壺!でもこのお金も間接的に
国防費になるなら日本を守ってることになるよね!」
男「そだね!」 

「… (沈黙)」

女「私、ここおごるわ!次はあんた払って!」
男「いいよ!」とニッコリ!
女「交渉成立!」

満面な笑みを浮かべて、レジに女は向かった!

ここの肉の予算をひねり出したのは 
アメリカでもなければ、日本でもない!
今まで聞いてるふりしていたこの男だ!
お金を使わなくても使わすセンスがあれば
人生困らないね。きっと。

「あたしの肉代も払ってくれよ!間接国防費で!」
心でつぶやきながら、彼女の背中を見送った。

どうでもいい話でした。

西 奈緒美
Facebook: https://www.facebook.com/naomi.nishi1
お会いした方のお友達承認はお受けしますが
 面識のないかたからのリクエストはメッセージを
 先にお送りいただきますようよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)